支払い金額とお釣り金額の関係

100万通りのお釣り最適化結果について、支払い・お釣りの平均金額平均枚数硬貨枚数の分布金額の分布を見てきましたが、ここでは、支払い金額とお釣り金額の関係を見ていきます。

財布の中に0円から999円の硬貨がある状態で、1円から1,000円の買い物をした場合、支払い金額とお釣り金額の関係は次のグラフのようになります。

横軸が支払い金額、縦軸がお釣り金額です。

何と言うか、幾何学的でとてもきれいなグラフが描かれました。

垂直な線について見ると、500円と1,000円のところに長い線が見られます。これは、細かい硬貨がないときには500円玉や1,000円札で支払うしかないためです。硬貨を全く持っていない場合には、値段がいくらであろうと1,000円札を出すしかありません。そのときのお釣り金額は値段によって1円から999円まで考えられますので、垂直な線になるということです。

水平な線についても同様で、0円のところと500円のところに長い線が出ています。

前へ  次へ