持ち金額による払いやすさのページでは、財布の中の持ち金額によって、お釣りの平均枚数がもっとも多くなるパターン、最も少なくなるパターンを見ました。今度は、お釣りの平均金額に着目して同じようにランキングを作ってみます。

下の表は、お釣りの平均金額が多くなるパターン、少なくなるパターンをそれぞれ上位20個抜き出したものです。

払いやすいランキング、払いにくいランキング

順位 払いやすいランキング 払いにくいランキング
持ち金額 平均金額 持ち金額 平均金額

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

999
998
997
996
989
995
988
994
987
993
992
986
991
985
984
990
983
982
981
979

0.000
0.200
0.600
1.200
2.000
2.000
2.200
2.500
2.600
2.700
3.100
3.200
3.700
4.000
4.500
4.500
4.700
5.100
5.700
6.000

1000
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19

499.500  
498.700  
498.100  
497.700  
497.500  
497.000  
496.200  
495.600  
495.200  
495.000  
491.500  
490.700  
490.100  
489.700  
489.500  
489.000  
488.200  
487.600  
487.200  
487.000  

まず払いやすいランキングの方を見てみます。持ち金額による払いやすさのページの結果では、999円の次は899円、989円、998円…ということで、硬貨の枚数が多い順に並んでいました。それに対してこの表では、 999円の次は998円、997円、996円…ということで、財布の中の金額順に並んでいます。その後は、989円、988円なども入ってきます。

もう一方の払いにくいランキングの方では、一位は1000円ですが、その後はきれいに1円から19円まで並んでいます。硬貨を持っていないことには上手くお金を払えませんから、その分だけ受け取るお釣りが増えてしまうわけです。

前へ  次へ