持ち金額ごとの平均お釣り金額

持ち金額ごとの平均お釣り枚数のページでは、持ち金額によってお釣りの枚数がどう変わるのかについて調べました。このページでは、お釣り金額の変化を見てみましょう。

下に示すのは、持ち金額ごとの平均お釣り枚数で示したのと同じ図です。横軸は持ち金額、縦軸が平均お釣り枚数です。

持ち金額ごとの平均お釣り枚数

これに対して、横軸に持ち金額、縦軸にそのときの平均お釣り金額をとったものが次の図です。

持ち金額ごとの平均お釣り金額

平均枚数について描いた上の図では、1円から500円までの動きと、501円から1,000円までの動きは同じようなものだったのに対し、下のグラフでは一貫して減少する傾向が見られました。

また、100円、400円、600円、900円のところに段差があるのも面白い傾向です。

前へ  次へ