シミュレーション結果のまとめ

お釣りシミュレーションとして、

  1. 財布の中の硬貨枚数を最少にした場合
  2. お釣り硬貨枚数を最少にした場合
  3. 支払い金額を最少にした場合
  4. 受け渡し硬貨枚数を最少にした場合

について計算を行いました。その結果をまとめると次のようになります。

  持ち枚数 持ち金額 受渡枚数 受渡金額
A 7.499 499.471 6.298 455.146
B 7.976 499.547 6.011 431.097
C 14.025 499.625 8.455 354.972
D 16.645 771.610 5.151 369.449

Aはお釣り最適化のページで述べている最適な支払い方をしたもので、平均持ち枚数7.5枚、平均持ち金額500円というのは理論上の最適値です。

Bはお釣り枚数の最小化を行ったもので、これにより受け渡し枚数が少し減らせています。ただ少しだけ財布の中の持ち枚数は増えてしまいました。

Cは支払い金額の最小化を行った結果で、確かに受け渡し金額は減らせていますが、平均持ち枚数は14枚にもなってしまっています。

Dについても同様に、受け渡し枚数は大きく減っていますが、平均持ち枚数は16枚を越えてしまいました。

これをグラフにすると以下のようになります。

CとDについては持ち枚数が多すぎて現実的ではありませんが、Bについては考える価値がありそうです。たしかに、財布の中の持ち枚数についてはAよりやや多いですが、受け渡しが少なくなっているという点は魅力的です。