受け渡し硬貨枚数を最少にした結果

ここでは、受け渡し枚数(支払い枚数+お釣り枚数)を最少にした場合のシミュレーション結果を示します。ただし、普通にやるとどんどん財布の中の硬貨の枚数が増えていってしまうので、硬貨枚数が30枚を超えた場合には普通に支払うという条件を付けています。

●持ちコイン
       五百  百     五十   十     五     一       枚数     金額
平均値 0.499  3.429  2.543  3.506  2.618  4.050 16.645  771.610
最少値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000    0.000
最大値 1.000 21.000 17.000 22.000 18.000 25.000 38.000 2898.000
中央値 0.000  3.000  2.000  3.000  2.000  4.000 16.000  761.000

●払いコイン
       五百  百     五十   十     五     一       枚数     金額
平均値 0.213  0.571  0.267  0.566  0.273  0.686  2.576  184.724
最少値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000    0.000
最大値 1.000 19.000 17.000 20.000 17.000 24.000 35.000 2615.000
中央値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  2.000   72.000

●釣りコイン
       五百  百     五十   十     五     一       枚数     金額
平均値 0.213  0.571  0.267  0.566  0.273  0.686  2.576  184.725
最少値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000    0.000
最大値 1.000  4.000  1.000  4.000  1.000  4.000 14.000  995.000
中央値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  2.000  100.000

●受渡コイン
       五百  百     五十   十     五     一       枚数     金額
平均値 0.426  1.141  0.533  1.132  0.546  1.373  5.151  369.449
最少値 0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000  0.000    0.000
最大値 1.000 19.000 17.000 20.000 17.000 24.000 36.000 2714.000
中央値 0.000  1.000  0.000  1.000  0.000  1.000  5.000  271.000

財布の中の硬貨枚数を最少にした場合には、受け渡し枚数の平均は6.3枚です。それに対してここでは5.1枚ということで、確かに少なくなっています。また、受け渡し金額の平均は369円でした。

ただ、財布の中の硬貨枚数については非常に多く、平均で16枚という結果です。受け渡しをする硬貨枚数がいくら少なくても、財布の中にこれだけのコインがあってはさすがに現実的ではありません。