値段ごとの平均お釣り金額

値段ごとの平均お釣り枚数のページでは、支払う金額別にお釣りの硬貨枚数が何枚になるのかを見ましたが、ここでは金額ベースでそれを見てみましょう。まずは値段ごとの平均お釣り枚数のページで示した図を再掲します。

値段ごとの平均お釣り枚数

これに対して、横軸に支払う金額、縦軸にそのときのお釣り平均金額をとったものが次の図です。

値段ごとの平均お釣り金額

どちらも500円を中心として左右対称になっていることが分かります。ただ、下の図の方が、真ん中辺りが比較的上にあがっているようです。また、全体的なギザギザ具合もかなり異なります。

お釣りの硬貨枚数については、支払い金額が100円ちょうどなのか、それとも101円や99円なのかによって、平均枚数は大きく異なってきます。それに対して、平均金額についてはそれほど違いはないということです。

前へ  次へ